3分でわかる!ダークキングの倒し方

3分シリーズ, バトル

3分シリーズの時間でございます。
今回は常闇ボスの中でも攻撃がいやらしいと評判のダークキングの解説をしていきます。
ダークキングはⅠ~Ⅳの強さによって気を付けるポイントが若干違ってくるのですが、今回は「ダークキングⅣ」に絞って書いていこうと思います。
例によって「必要最低限・ゆる~く」をテーマにやっていきます。

構成

鉄板の構成と言えば「戦士、戦士、道具使い、僧侶」ですが、戦士の代わりにバトルマスターまもの使いを入れる構成も人気です。
ダークキングⅣ(以下DK4)は攻撃力が高く、まともに攻撃を食らうとHPの低い職は一撃で死んでしまいます。
なので慣れないうちは戦士を入れる構成で臨むのがおすすめです。

準備

装備ですが、どの職も必要な耐性は毒のみです。
毒すらいらないという意見もあるかもしれませんが、今は毒ガードが付いた装備も安く買えるため、毒ガード100%を目指しましょう。あると無いとで難易度が段違いです。
セット装備にこだわることはないので、体下に毒ガードの付いた装備と、破毒のリングやネレウスマスク等を合わせれば簡単に毒ガードを100%にできるはずです。
それ以外は、頭装備やアクセサリーでHPをたくさん上げるように心がけましょう。

他にも盾ガード率を盛るだとか、体上や体下に守備を付けるなども有効です。しかしそれは予算と相談し、無理のない程度で構いません。
宝珠は打たれ名人が便利。あとは各々の職業で有用な宝珠を用意できるだけ付けておきましょう。

毒ガードさえあれば最低限のハードルはクリアしています。あとはガンガン挑戦していきましょう!

動き方

前衛はタゲスイッチ、後衛はタゲ下がりをしよう!!

DK4の攻撃は強力です。攻撃の間隔も早いため、むやみに攻撃を食らっていてはすぐに死んでしまいます。
なのでターゲットの人が味方を壁に挟みつつ後ろに逃げて時間を稼ぐ「タゲスイッチ」「タゲ下がり」と呼ばれる戦法がとても有効です。
これはドラクエ10で現れる全てのボスで有効な、これから強いボスに挑むためには避けては通れないくらいの超重要動きです。

と言ってもやることは簡単で

  • 後衛は敵が自分の方に向いたら追いつかれないように壁を挟みつつ外周を描くように逃げる。
  • 前衛は後衛が外周を描くように逃げているため、壁が抜けないように壁の位置を交互に内側に移動する。

これだけです。
詳しく知りたい方は「ダークキング タゲスイッチ」等で検索してみましょう。丁寧に説明してあるサイトがたくさんでてきます。

この動き方、慣れれば簡単なんですが、最初は難しいかもしれません。
誰がタゲかをすぐに見極めるのと、壁が抜けないように壁役が交互に交代することを意識してやるといいと思います。

戦士は「新やいばくだき」と「やいばのぼうぎょ」を使いこなそう

DK4は攻撃が強いため、「新やいばくだき」が非常に有効です。
これは60秒ごとに使用できる戦士の特技で、成功すると30秒間敵の攻撃が半減します。
なので戦士が2人いれば、戦闘中のほとんどを新やいばくだきの効果がかかった状態で戦うことができるのです。戦士同士で交互に打ち合うように調整しましょう。

レーザーが痛い

ダークキングのいやらしさはレーザーにあるとも言えます。
四方八方からレーザーが飛んでくるのは避けようがないですよね…。
しかしこのレーザー、飛んでくる軌道は変わらないので一度通った場所に近寄らなければ問題ありません。
また、水晶を召喚してきたらそこから下がって離れましょう。それだけでもだいぶ当たらなくなり、避けやすくもなります。

終わりに

ダークキングはタゲ下がりのような、他のパーティーメンバーと息を合わせる動きが重要になるような調整をされてます。
基本の動きではありますが丁寧にやらないと苦戦しますし、それだけにパーティーメンバーとうまく連携がとれたときの面白さは格別です。
レーザーのせいで一気に壊滅する可能性もありますが、そうなっても諦めずに何度も挑戦してみてください。応援しています!

ドラゴンクエスト10 ブログランキング

3分シリーズ, バトル