今やっても楽しい「初代ドラゴンクエスト」

雑記

ネットサーフィンをしていた時に上の記事を見つけました。
いかに初代ドラクエが革命的だったかが書かれているのですが、タイトルにもある「RPGの1泊2日観光ツアー」という言葉が妙にしっくりきました。
記事中では、膨大な時間を使って探求やなぞ解きをしなければいけないこれまでのRPGからの脱却という意味で使われていますが、わたしは現在までに作られた大作RPGと呼ばれるものと比較した時の初代ドラクエのシンプルさを表すのに適切だと思えたのです。

初代ドラクエの完成度の高さ

初代ドラクエ(以下DQ1)が発売されたのは1986年です。
そんな昔のゲームですが、今プレイしても普通に楽しいです。
なんというか、RPGの面白さがもれなく詰まっているのに加え、それらがとてもコンパクトなんです。

「町の人に話を聞き探索し、レベルを上げてボスを倒す。」
言ってみればRPGはほとんどこれなんですが、DQ1でも楽しく進められるように遊び心が詰まっています。
一個一個の段落が長すぎず、それでいてやりごたえのある難易度に仕上がっています。
町の人といっても総勢で100人にも満たないくらいなので、町の探索や聞き込みも苦になりませんし、レベル上げも意識してやる必要はほとんどなく、自然と進めていくうちに強くなっていきます。

もちろん内容が薄いと言いたいわけではなく、今の基準で言うとあっさりした内容でありながらも、先へ進めようと思わせるゲームデザインが素晴らしいのです。
適度な難易度とストレスの与え方が絶妙なんですよね。
まさに現在まで評価されているドラクエシリーズの原点として、その魅力がつまっています。

適度なボリューム。一泊二日というより日帰り旅行に近いかも

そしてこのDQ1、1日もかからずにクリア可能なボリュームです。
わたしもRPGが好きなのですが、ボリュームが多いのでいざやろうとなると気合が必要だったり、やっていても途中でダレてしまうことが多いです。
DQ1だとそんなことはなくて、ちょっとRPGやりたいなと思ったときに躊躇なくやれるくらいの軽さと満足度があります。
これが魅力で何度もプレイしてしまうんですよね。
わたしは今でも1年に1回くらいやりたくなる時があります。(DQⅡも同じようになりますw)

今ならスマホでいつでもできる

わたしが初めてプレイしたDQ1は、小学生の頃に買ってもらった「ゲームボーイ版 ドラゴンクエストⅠ・Ⅱ」でした。
それからドコモの携帯に搭載されたり(たしかFOMAの初期型だった)、スマホのアプリで配信されたりといったタイミングでプレイをしてきました。
今スマホのアプリだと360円で買うことができます。恐ろしく安いですw

少し時間が空いた時、ちょこっとRPGをプレイしようと思ったときにぜひやってみてください。
年齢層問わず誰でも間違いなく楽しめますよ!

↓のポータルアプリ内から購入できるようです。

ドラゴンクエスト ポータルアプリ

ドラゴンクエスト10 ブログランキング

雑記